今年のブラジルコーヒー豆

最近のネットニュースでブラジルコーヒー豆の高騰することがアップされていました。

原因は霜や干ばつに加え、コロナで需要があるものの、働き手の確保ができていないなどの理由から価格が上昇しています。

そのため、日本に輸入されてくるコーヒーも値上がり、大手コーヒー会社はじめ値上げがされています。

暑い夏には冷たいアイスコーヒー、美味しいですよね。

アイスコーヒーは通常のコーヒーよりも豆を多めに使いドリップしたものが美味しいため、この時期コーヒーの値上がりはヘビーユーザーには痛いところです。

スペシャリティーコーヒーが日本に出始めてきたころから、コーヒー豆の値上がりは年々続いていますが、今回のブラジルコーヒーは特に取り上げられているだけに、今までにない、値上がり、少ない収穫になること間違いなし。です。

美味しいコーヒーが当たり前に飲めることが、当たり前にならなくなる。そんな日がくるのかな。と、ちょっと心配になりました。

夏はスパイシーがオススメです!

昨日の晩ごはんにスープカレーを食べました。

そしてお昼にまた食べました。

ふと気がつくと、スープカレーのアフターコーヒーはやっぱり、「スパイシーなコーヒーだな」と、ケニアコーヒーをチョイス。

夕ご飯のときは、子供とガッツいて食べていたことなどでそんなことを思う余裕なく、完食してしまいましたが、やっぱりカレーにコーヒーは合います。

そして、カレーがスパイシーなのでコーヒーもスパイシータイプのコーヒーで相性バッチリ。

コーヒーがスパイシー?

と思う方に参考まで。

ブラジル、ブルーマウンテン、ハワイコナ、ドミニカなどの飲みやすい口当たりソフトなコーヒーに比べて、インド、ケニア、モカなどちょとクセやパンチのあるコーヒーを、「スパイシー」という表現をします。

そのため、食べ物との相性を考えてコーヒーを選ぶときのおすすめ目安として、同じ傾向のタイプを選ぶと食べ物と飲み物がより美味しく楽しめます。

みなさまも暑い夏にカレーとコーヒーで夏バテしない元気な毎日をお過ごしください!!

やっぱりスターッバクス

この前、久しぶりにスターバックスのコーヒーを飲みました。

ちょっと濃いめのコーヒーが飲みたくなりカプチーノをオーダーしました。

すごく美味しく感じて、「気がつけば最近、外出の時はコンビニコーヒーが多かったなあ。」とコーヒーの美味しさで気が付きましした。

コンビニコーヒーは手頃でどこでも買えることから、「いつも飲むコーヒー」へとなりましたが、やはりコーヒー屋さんにはかなわない、美味しさがあります。

今年の冬メニューで「コーヒークリーム・ホワイトモカ」は盛岡西バイパス店オリジナル?だったか、我がおこちゃまにオーダー。(いつもコーヒーを飲みたがる我が家のキッズ。たまーにコーヒー気分を味あわせてあげようと、甘いミルクたっぷりコーヒーをオーダーしてあげたりします。→そしていつも定員さんに心配される^^;)

ホワイトモカのクリームがコーヒークリームバージョンは、まったりとした甘さで、こちらも美味しい。。。

なお、こちらのお店にはクリスマス限定商品がコーヒー豆から文具まで今ですと充実中です。

昨年購入のノートはお気に入りです♡

私は文具に昨年からはまり、早くに売り切れますので、興味のある方はお早めにチェックしてみてはいかがでしょうか?

スターバックス 盛岡西バイパス店 https://store.starbucks.co.jp/detail-1162/

コーヒーの飲み過ぎにはご注意を

今年になり在宅勤務、テレワークで「お家コーヒー」利用が増えました。

世界全体でもコーヒー豆の消費量が昨年と比べて、増えています。

家でコーヒーを飲みながら仕事をしている方が確実に多いことがわかります。

しかしながら、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要かもしれません。

全日本コーヒー協会などでも「コーヒーは1日2,3杯程度までが適量」という記事があるとおり、5杯以上は飲み過ぎになり、個人差はありますが体に悪影響が出る場合もあります。

特に女性の場合、コーヒーのカフェイン量の関係でカラダが冷えやすくなったり、生理が重くなったり、などなどフォルモンンバランスとの繋がりから体調不良になりやすい要因を引き起こします。

実際私も、生理前にチョコレート&コーヒーをガンガンに食べたくなるときがあり、沢山食べて飲んでしまった月は生理が重たくなったりします、、、(;´∀`)

ついつい、家にいると自由に飲める環境だったりもしますので、気づかないうちに「いつもより早くコーヒー豆がなくなっていた!」という方は、どうぞご注意くださいませ。

モカコーヒー

先日、ドトールの「ゴールデンモカ」を久しぶりに飲みました。

以前はよく見かけた「ゴールデンモカ」でしたが最近あまり売られることがなく、今回も限定販売でした。

丁度お店に入荷したばかりでタイミングよく、焙煎したてのコーヒーで美味しかったです。

20年近くスペシャリティコーヒーをほぼ毎日、仕事で飲んでいたためレギュラーコーヒーは新鮮に感じられました。

そんなモカコーヒー。

近年ではとても貴重なコーヒーになりつつあります。

それは、エチオピアなどのモカコーヒーの生産者が少なくなっているから。

今はコーヒー消費量が世界的に増えていますがスペシャリティコーヒーという高いコーヒーはごく一部。

コーヒー豆を作っても高く買い取ってもらえていないところも多く、モカを生産する地域ではコーヒーに代わり、「カート」という合法麻薬の生産が増えつつあるのが現状です。

モカコーヒーはコーヒーの原点でもあり美味しいコーヒーをいつまでも絶えることなく生産してもらうには商品相当にあう金額で買う必要があるのですが、現状切り替えてしまう農家が絶たないのは、とても悲しいです。

色々な形で生産者へ還元するプロジェクトがあるなか、モカコーヒーも世界中で取り組まなければ、「幻のコーヒー」になってしまう日が近いかもしれません。