美味しいコーヒーについて質問

最近コーヒー教室でよくある質問で、「スーパーで購入するコーヒーを美味しく飲む方法を教えてください。」という質問があります。

難しい質問です。

なぜかというと、スーパーで販売されているものの多くは大手のコーヒー豆。

パンに例えると大手メーカーのパンです。

そのパンと焼きたての手作りパン。どちらが美味しいですか?

手作りの焼きたてパンと大手メカーが工場で焼いて販売しているパンの美味しさ比べしたら一目瞭然です。

コーヒーもそんな感じです。

美味しいコーヒーを飲みたい方はまずは豆から。

週末、お気に入りのコーヒー豆屋さんを見つけに行ってください。

 

 

今年のクリスマスブレンド

東北岩手はすでに冬の寒さ。

家でミルクに合うコーヒーが飲みたくなり、最近盛岡にできたばかりのドライブスルーがあるスターバックスへ行くことにしました。

購入前からグァテマラかケニアにしようかと決めていましたが、久しぶりにスターバックスで豆を買うため、お店のスタッフにおすすめ豆を尋ねると、季節限定ブレンドをすすめられました。

クリスマスブレンドとホリデーブレンドの2種類。

今までのクリスマスブレンドは深入りで酸味が強いブレンドの印象がありましたが、今年は、コスタリカ、パナマを中心に軽めの配合とのこと。

もうひとつのホリデーブレンドは確かグァテマラなどが配合されたブレンドと説明を受けました。

「ホリデーブレンド、テイスティングをしてみますか?」と言われるままにコーヒーをすすると香ばしい独特な香りとマイルドで、飲みやすいコク。

昔、好きでよく購入していた紀伊国屋のジャーマンブレンドに似た味を思い出しました。

懐かしいこともあり、ホリデーブレンドに決定。

そして、ケニア20gをサンプルでいただきました。

家に帰り早速、ホリデーブレンドに続きケニアも飲みましたが、どちらもマイルドローストよりやや深入り程度。

スターバックスブームのころ、どのコーヒー豆も深入りで店頭に並び、のちにブームが収まるころ、焙煎が見直され、当初のころからはだいぶ変化をしていると思いました。

豆の仕入れは当初のころからスペシャリティーコーヒーで、いい豆を使用するスタイルは今も変わらず。

「いい豆を使っているのに、全てがイタリアンロースト級の超深入りばかりでもったいない」と、同業者から言われていたのがうそのようです。

コーヒー豆の特徴をうまく引き出したローストで並ぶスターバックコーヒーへ変わり、日本のうちカフェブームにも参戦という感じです。

今の時期、どこのコーヒー屋さんもクリスマスブレンドを出しそれぞれ美味しさを味わえますが、コーヒー好きは

スターバックも要チェックです

コンビニコーヒー

コンビニコーヒー

今シーズン、コンビニコーヒーが話題になっています。

魅力なのが値段の安さと美味しさが手軽にコンビニで購入できること。

おでんやあんまんなどと並び、大きなコーヒーマシーンが置かれ、つい

買ってしまいます。

中でも、ローソンが扱うコーヒーはコロンビアイパネマ農園。

通常ならブレンドを扱うのが一般的ですが、大きな店舗展開をしている所で

単一豆を扱うのは珍しいことです。

豆に量が少ないため薄く感じますが、それだけに「豆へのこだわっている」

というアピール性を感じます。

週末のお休み中、お出かけの気分転換に気軽に味わえるコンビニコーヒーで

楽しむのもいいかもです。

幻のコーヒー

UCCが「幻のコーヒー」と呼ばれるコーヒー豆を発売しました。

インド洋にあるレユニオン島で採れる希少な豆です。

開発に携わる話を聞いた私にとって、馴染みのあるコーヒーです。

現地に何度も足を運び、島民との交流からはじめ、フランス政府と組み、

再生プロジェクトとして動きだしたと聞いたのは、今から7年前のことです。

「もし、失敗したら退職しなきゃ」と帰国後、笑いながら話していた

コーヒーハンター川島さん。(現在はミカフェートのオーナー)

ほぼ絶滅していたコーヒーの木を、島民の協力とともに探し歩き、栽培、

農園開発までこぎつけ、1942年以来途絶えていたコーヒーの復活に、

島をあげて喜んでいたそうです。

その時はまだコーヒーの木を植えた段階で、商品として販売できるかは

分からず、10年後商品化できるかどうか、現実には遠い話でした。

しかし、そのコーヒー「ブルボンポワントゥ」が数量限定で購入できまでに

なりました。

興味のある方はこちらから購入できます。

コーヒー好きの妊婦さんへ

最近身近に妊婦さんとカフェインとの関わりを経験して、コーヒー好きの多くの妊婦さんが赤ちゃんができてからコーヒーを飲まないで我慢していることが疑問に思うことがありました。

そんな妊婦さんへ赤ちゃんと楽しく過ごすためにも、コーヒーインストラクターという立場から私なりに、まとめてみました。

妊婦さんで医者からコーヒーは飲まないように言われたと、妊娠中ガマンしている方をよくききます。

しかしながら、医学的なはっきりとした見解は実はまだわかっていません。

コーヒーを我慢して、ストレスを溜めるよりもリラックスすることが大事な妊婦さんは以下の内容とお医者さんと相談しながら参考にしてみてください。

コーヒー=カフェイン=身体に悪い

という見方が一般的かと思います。

たぶん、妊婦さんで医者からカフェインが良くないからコーヒーを飲まないように言われた方も多いのではないでしょうか?

カフェインに限っていうならば、紅茶や緑茶にも含まれています。

カフェインが胎児に与える影響として、落ち着きがない子や低体重の子が産まれやすくなるとも懸念されていますが実際にはカフェインとの因果関係は未だにはっきりしていないのが現状です。

問題はカフェインの摂取量に

*ここでは仮にカフェインが妊婦さんへ与える影響として発表されていることを書き出してみました。

カフェインの1日の摂取量として300mgまでは妊婦への影響はないと言われています。
(カップの量でいうと1~3杯。1杯140mlのコーヒーにカフェインが含まれる量は56mg)

逆に妊娠初期にコーヒーを4~8杯以上飲む妊婦は悪影響がある可能性が高まります。
(普通に考えても、5杯以上になると飲みすぎで身体に悪いと思う・・・)

以上のことを踏まえると無理やり我慢するよりも、薄めのコーヒーを1杯程度でしたら問題ないようです。
(個人差があるので医師と相談のもと判断してください)

コーヒーの他、身近によく飲む飲料としてカフェインを含むお茶や紅茶があげられます。
こちらについてのカフェインが妊婦さんに影響するものとしたものは、コーヒー同様に「カフェイン」というくくりで扱われているため、コーヒーと同じに摂取量に気をつけることがあげられます。
(参考までに・・・カフェインが含まれる量は1杯140ml/緑茶28mg 紅茶70mg)

妊娠~授乳期間中までは気配りが必要

カフェインは母乳からもでてきてしまうため、お腹にいるときから授乳中まで、お母さんが口にするものは気配りが必要とされます。

全くカフェインを摂取していない人に比べると、赤ちゃんがぐずったり、夜鳴きをしたり、乳幼児突然死症候群の発祥率も多いことがわかってきていますが、医学的な根拠は現時点では特に発表されていません。

しかしながら、カフェインは胎盤を直接通過してしまうともいわれているため、臓器機能が未発達な赤ちゃんが受ける影響は考えられます。

それらを考えると念のため妊娠中からカフェインの量をいつもより少なめにする工夫を(飲む杯数をへらしたり、薄めたり・・・)していきましょう。

そして、コーヒーは身体を冷す作用がありますので、冷えることが禁物の妊婦さんはカフェインと冷えどちらも注意が必要です。(体を冷すと赤ちゃんへの影響はもちろんですが、むくみやすくなったりもします)

とはいえ、カフェインが含まれているものを全くやめると、ストレス以外にも頭痛がするなどの症状がでる人もいるため無理やり我慢せず、適度に心身ともに調整して、穏やかにすごせることを第一に、限られた妊娠ライフを楽しんでください。