美味しいカフェオレ

今日、出先でスターバックスかタリーズのラテを買って帰ろうと思いましたが、「厚子牛乳」がお店に並んでいたため、うちで作りました。

最近岩手の限られた売り場で販売している貴重な牛乳です。

岩手は地元の美味しい牛乳がたくさんあります。

私は牛乳が好きなほうではないのですが、こちらの牛乳は「濃厚で甘い」牛乳です。

ゆいつ、牛乳そのもで飲んでしまう美味しいミルクです。

カフェオレの牛乳の温度は47℃。

この温度が美味しいカフェオレを作る外せない条件です。

ミルクの甘みがさらに引き出される温度だからです。

苦味の効いたコーヒーと一緒に合わせると、美味しいです。

週末、ちょっとリッチな牛乳で美味しいカフェオレ作ってみてください。

されどインスタントコーヒー

先日、10年以上ぶりにインスタントコーヒーを購入しました。

「美味しい」

しばらく飲む機会なく、原料や製法など工業生産コーヒーとして大手担当者との関わりから、なんとなく避けてきたインスタントコーヒーは凄い味の進化をしていて、びっくり。

年末に実家帰省したときに置かれていたインスタントコーヒーを見て、「なるべくドリップパックコーヒーを飲むようにして」とコーヒー好きな母へ話していたくらい「ちょっとな。」とインスタントコーヒーを避けていました。

スキー場の車中で飲む用に間に合わせで購入したものは

AGFの「ちょっと贅沢な珈琲店」。4種類のブレンドコーヒーが入っています。

モカ以外はそれぞれ種類ごとのコーヒーの特徴が出ているように感じました。

(モカも美味しかったのですがモカ独特の香り、酸味は弱く、モカらしさがあまり感じない?かな。と思いました。)

インスタントコーヒーは独特な製法なため、特殊なコーヒー豆を加えることで「コーヒーらしさ」が味わうことができます。

そのため、あえてブレンドにし、よりコーヒーの味わいを引き立てたインスタントコーヒーでした。

手軽に味わうコーヒーで「インスタントコーヒーもありだな。」と思わせてくれるコーヒーはスキー後のコーヒータイムで温まることができました。

横浜のコーヒー屋さん

先日、ドリップコーヒーをいただいた中に「キャラバンコーヒー」がありました。

私が学生のころ青山の紀伊国屋でコーヒーの量り売りをしていた「ジャーマンコーヒー」が好きで、このコーヒーが「CARAVN COFFEE」でした。

横浜にある老舗のコーヒー屋さんで、元町の喫茶店が好きで飲みに行ったことがあります。

UCCやキーコーヒーに並ぶくらい地元では有名なコーヒー屋さんでまだスペシャリティコーヒーをあまり知られていないときから、いち早く色々店頭に並べて販売し、喫茶でも味わうことができました。

あるコーヒー屋のトレーダーから「キャラバンさんの豆は良い豆がたくさんある」と当時よく聞いていたことがあります。

最近なかなか飲む機会が少なくなっていたため、いただいたコーヒーに感激。

数十年前にユニマットグループに買収されたため、製造者は「ユニマットキャラバン」という名前に変わりましたが、あのCARAVAN COFFEEです。

赤がイメージカラーの可愛らしいコーヒー屋さんでしたが、こちらのドリップパックは白。

以前のように「赤」を全面にしていなくなるのは、時の流れを感じてしまいました^^;

個人的にはあの「赤」が、ザ・キャラバンコーヒーというくらいインパクトあるデザインでもあったため、表だけだとわからずでしたが、中はキャラバンコーヒー感あるマイルドでスッキリしたコーヒーでした。

また、いつか元町の喫茶店へ行きたいと思うコーヒーでした。

オリジナルブレンド

ほっこりする可愛らしいクッキーに思わずブログにアップしちゃいました。

1月は、いただきものが多く日ごろ食べることがない百貨店などで売られているお菓子が豊富な我が家です。

今日のお昼ごはんの後にいただいたプチクッキーもそのひとつ。

シーキューブのクッキーはカカオ豆が沢山使用されていて、カカオ豆の味が楽しめる大人味。

そんな高級クッキー(^^)☆にお気に入りのコーヒー屋さんのさっぱりしたブレンドコーヒーにケニアを2割混ぜて、オリジナルブレンドコーヒーをいただきました。

以外と知られていませんが、「アフターミックス」というブレンド方法は焙煎した後にブレンドを行う方法で、自宅でも簡単にマイブレンドが作れます。

2~3種類くらいの豆さえあればお好みのブレンドで出来ます。

私はコーヒーの勉強を始めたばかりのころ、コクあるブレンドを作ろうと深煎のコーヒーを混ぜて(ブレンド)してみたら、抜けた味になりイメージとはかけ離れたブレンドコーヒーになった経験があります。

そのときからコーヒーのブレンドにハマり、色々と試行錯誤しながら「ブレンド」というものを毎日カッピングして、ノートに記録していたときがありました。

単純だけど単純でないブレンド。

自分好みの味ができたとき、コーヒー好きならきっとはハマると思います。

今年も新豆が届きました。

いつも、楽しみにしているブラジルの新豆(初摘み)。

コーヒーの新豆は香りが大きな特徴で、初摘みならではの華やかな香りがします。

(モカの香りのようにはっきりとした独特な際立つ香りです)

味も煎りたての香ばしさとは違う、フレッシュ感が楽しめて、ニッチな?人だけが知るコーヒーかもしれません。

新豆はお米の新米と同じで1月過ぎてくると、いつもとかわらないブラジルコーヒーへと変化します。

そのため、12月中に味わえるのは貴重かつまれでもあり、12月に日本のコーヒーファンへ届けるのは実はかなり大変な(急ぎ作業)手続きを行いなわないと入荷できない逸品です。

コーヒーハンターと仕事をしているとき、ブラジルのカルモミナス州に住む農園のおじさんから「今年もとれたよー、まだ仕事してるの?日本は夜でしょ?」なんてスカイプで夜話していたことが、懐かしいです。

先週、コーヒークリスマス会を我が家で行い、コーヒー好きの友人達に飲んでもらいましたが、大好評でした。

私は鼻があまり良くなかったためなのか、届いたばかりなのか、焙煎したての香りしか感じられず、3,4日目にやっと新豆らしい香りを楽しむことができました。

味と香りが変わらないうちにと、ほぼ毎日飲んでいます。

そんなブラジルコーヒーは今年、7月におきた寒波と霜の被害も聞いていたため、入荷が遅れる?かと思っていましたが、だいたい8月くらいにはコーヒー豆の収穫が終わるため、今年はあまり影響はないとのこと。

しかし、来年以降は大きなダメージが予測されています。

コーヒーの価格はブラジルコーヒーが基準にもなっていることから、コーヒー豆の全体の価格が上がるということが明確で、私も個人的に色々とお世話になった、日本コーヒー大手UCCが9月から値上げをしたのを、ご存知の方も多いと思います。

そして来年度はこの新豆が飲めるかどうか…

ますます貴重です。。。

私が愛飲しているブラジルノーボ(新豆)はこちらのお店の珈琲豆です。

INTERZ

INTERZ(インターズ)
住所 〒024-0061岩手県北上市大通り4丁目4-1サンシャイン81-101
TEL/FAX 0197-65-1787
営業時間 11:00~19:00頃
定休日 火曜日・水曜日駐車場 

お店紹介でちょっと、かっこいい掲載を見つけたため興味のある方はこちらもご案内まで

【ギフトに最適】自家焙煎珈琲店INTERZ「アコヒーダ珈琲」3種のセット – 岩手県北上市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)