zacafe について

Coffee adviser

スーパーで買えるコーヒーでも

昨日、我が旦那様が京都の「小川コーヒー」を買ってきてくれました。

いつもは自家焙煎のお店から送られてくる定期便のコーヒーを飲んでいるのですが、たまに違うお店のコーヒーを楽しんでいます。

「今回は深煎りタイプを選んだ」とコーヒーを淹れて飲むと、いつも飲んでいる自家焙煎珈琲より、浅めの味。

小川コーヒーといえば、全体的にやや浅めのコーヒーが印象的です。

それでも、スーパーで販売されているコーヒーの中では、比較的焙煎したてのものが買える率が高く?新鮮で美味しいです。

以前京都へ行ったとき、京都駅構内にスタンド式の小川コーヒーのお店へ寄りました。

通勤している人がサックと飲めるこじんまりしたオープンカウンターのお店は、

早朝から開いているため夜行バスで京都に行ったときに立ち寄るお店でしたが、ちょっと浅めのブレンドコーヒーの香ばしい香りと味がとても好きでした。

そんな小川コーヒーが岩手のスーパーでも買えて、小川コーヒーファンとしては嬉しいです。

スーパーのコーヒーは大手コーヒーメーカーのものが多い中、地元のコーヒー屋さんなども並び、選択肢が増えました。

それだけに、家でコーヒーを飲むひとが増え続けているのでしょうね。

秋めいてきた朝にさっぱりとした小川コーヒーをたっぷりと淹れて飲むのが、私の今週のお気に入りです。

上海コーヒー展示会

今年の3月に中国上海で「上海コーヒー文化ウイーク」という展示会が開催された記事を読みました。

注目されたのは「バリスタロボット」でロボットがラテアートを作るというもの。

私が上海のコーヒー展示会へ行ったのは、第1回目のときで、まだ中国ではコーヒーを飲むことよりお茶の習慣が強く、中国スターバックス1号店ができるというときでした。

当時はまだコーヒーを飲む人が少ないことなどから、日本のコーヒー文化を広める活動をしていた、コーヒートレーダー、コーヒーハンターと一緒に現地でカフェ運営のお手伝いなどをしました。

それから15年…

中国のコーヒー消費量は年々増加。

コーヒー豆の不作に加え、中国の消費増加。

上海のカフェは世界最多といわれるほど、コーヒー文化が浸透しているようです。

そのため、先日発表されたコーヒーの値上がりにも影響していることがうなずけます。

今年のブラジルコーヒー豆

最近のネットニュースでブラジルコーヒー豆の高騰することがアップされていました。

原因は霜や干ばつに加え、コロナで需要があるものの、働き手の確保ができていないなどの理由から価格が上昇しています。

そのため、日本に輸入されてくるコーヒーも値上がり、大手コーヒー会社はじめ値上げがされています。

暑い夏には冷たいアイスコーヒー、美味しいですよね。

アイスコーヒーは通常のコーヒーよりも豆を多めに使いドリップしたものが美味しいため、この時期コーヒーの値上がりはヘビーユーザーには痛いところです。

スペシャリティーコーヒーが日本に出始めてきたころから、コーヒー豆の値上がりは年々続いていますが、今回のブラジルコーヒーは特に取り上げられているだけに、今までにない、値上がり、少ない収穫になること間違いなし。です。

美味しいコーヒーが当たり前に飲めることが、当たり前にならなくなる。そんな日がくるのかな。と、ちょっと心配になりました。

夏はスパイシーがオススメです!

昨日の晩ごはんにスープカレーを食べました。

そしてお昼にまた食べました。

ふと気がつくと、スープカレーのアフターコーヒーはやっぱり、「スパイシーなコーヒーだな」と、ケニアコーヒーをチョイス。

夕ご飯のときは、子供とガッツいて食べていたことなどでそんなことを思う余裕なく、完食してしまいましたが、やっぱりカレーにコーヒーは合います。

そして、カレーがスパイシーなのでコーヒーもスパイシータイプのコーヒーで相性バッチリ。

コーヒーがスパイシー?

と思う方に参考まで。

ブラジル、ブルーマウンテン、ハワイコナ、ドミニカなどの飲みやすい口当たりソフトなコーヒーに比べて、インド、ケニア、モカなどちょとクセやパンチのあるコーヒーを、「スパイシー」という表現をします。

そのため、食べ物との相性を考えてコーヒーを選ぶときのおすすめ目安として、同じ傾向のタイプを選ぶと食べ物と飲み物がより美味しく楽しめます。

みなさまも暑い夏にカレーとコーヒーで夏バテしない元気な毎日をお過ごしください!!

100年もの

いつもこの時期になると私が育てているコーヒーの木の花の開花をブログやインスタでアップしているのですが、今年はいつもとちがうコーヒーの木の姿になりました。

今年で10年目のコナ・コーヒーの木ですが、ここ2,3年実りよく、木が疲れた様子。

元気がなくなり葉が少なくなったことなどから、カットバックという方法で復活をしてみました。

太い木を短く切るため、中々芽がでてこない日々。

カットバックは失敗して枯れてしまう?のかと、諦めかけていた6月後半から芽吹いてくれました。

空へ向かい力強く芽吹いている姿になんだか励まされます。

コーヒーの木は100年寿命と言われ、生命力ある植物です。

以前エチオピアで100年以上前の木からとれたコーヒー豆を販売したことがありました。

コーヒーの木は強いと改めて実感です。