かわいいドーナツ屋さん

週末の午後、矢巾駅前にある薄焼きと大判焼きの「みよし」に行きました。

雨降る日曜日でしたが、「みよし」に行列ができていて、老舗の人気はすごいと感心していると、お店の向かいに最近オープンしたドーナツ屋さんが目にとまりました。

「Craps]というドーナツ屋さんは地元のTVなどにも取り上げられ、午前中には売り切れてしまうとのことでしたが、かわいいドーナツが買うことができました。

デコ系ドーナツは可愛いく、子供達はいつも喜ぶのですが、和菓子党のためか今まで食べ切れることなく「今回もたべないだろう」と思いつつ、自分用にと購入しました^^;

お店を出て早速ドライブしながら「みよし」の薄焼きを食べるのかと思いきや、我が息子。ドーナツを完食!!!

「凄く美味しいよ!」

クリスピードーナツや都内有名ドーナツ屋さんのでさえ食べ切れることがなかったのに!

私も食べてみると、なるほどなー。ドーナツの生地が美味しい。

今はコロナで店内飲食はできないのですが、作りたての美味しさを味わえるため、お近くの方は一度食べてみる価値ありのドーナツ屋さんです。

ピザもモッツアレラチーズが本格的で美味しかった

お値段もよいです^^;

ペニンシュラホテルなみ

美味しいスコーンの紹介です。

岩手町にあるパン屋さん「グルーマン」のスコーンです。

アフタヌーンティーといえばペニンシュラホテルが有名です。

まだ日本にペニンシュラホテルができたばかりに食べに行きましたが、タワーで提供されるスイーツなどはどれも、今まで食べていたものとは違いを感じました。

中でもスコーンの美味しさは特に印象的でしたが、岩手でも同じような美味しさを味わうことができるスコーン「グルーマン」。

スターバックスで販売しているアメリカンスコーンタイプとはちがうイングリッシュスコーンは本場と引けを取らない美味しさです。

サクサクした生地、小麦の香ばしさ、バターの香り。

ペニンシュラホテルで食べたときと同じ味わいは満足感高いです。

スコーン以外にパン・ド・ミもおすすめで、FAUCHONのパン・ド・ミより好きです。

東京駅周辺でもなかなかこれ程のスコーンやパンはないくらいグレードが高く、「なぜ岩手?」と食べるたびに思います。

紅茶好き、スコーン好きの方へはとくに食べてもらいたい「グルーマン」。

岩手食のグレードの高さに改めて気づく食べ物です。

グルーマンのパンやスコーンは岩手では、お店以外に盛岡の川徳、岩手町にある姫神の丘美術館近の道の駅で買うことができます。

楽天からも購入できます。【楽天市場】手作りパン|おいしいパン|本格スコーン|焼き立てパンをお届けします:ブーランジェリーグールマン[トップページ] (rakuten.co.jp)

横浜のコーヒー屋さん

先日、ドリップコーヒーをいただいた中に「キャラバンコーヒー」がありました。

私が学生のころ青山の紀伊国屋でコーヒーの量り売りをしていた「ジャーマンコーヒー」が好きで、このコーヒーが「CARAVN COFFEE」でした。

横浜にある老舗のコーヒー屋さんで、元町の喫茶店が好きで飲みに行ったことがあります。

UCCやキーコーヒーに並ぶくらい地元では有名なコーヒー屋さんでまだスペシャリティコーヒーをあまり知られていないときから、いち早く色々店頭に並べて販売し、喫茶でも味わうことができました。

あるコーヒー屋のトレーダーから「キャラバンさんの豆は良い豆がたくさんある」と当時よく聞いていたことがあります。

最近なかなか飲む機会が少なくなっていたため、いただいたコーヒーに感激。

数十年前にユニマットグループに買収されたため、製造者は「ユニマットキャラバン」という名前に変わりましたが、あのCARAVAN COFFEEです。

赤がイメージカラーの可愛らしいコーヒー屋さんでしたが、こちらのドリップパックは白。

以前のように「赤」を全面にしていなくなるのは、時の流れを感じてしまいました^^;

個人的にはあの「赤」が、ザ・キャラバンコーヒーというくらいインパクトあるデザインでもあったため、表だけだとわからずでしたが、中はキャラバンコーヒー感あるマイルドでスッキリしたコーヒーでした。

また、いつか元町の喫茶店へ行きたいと思うコーヒーでした。

茨城のコーヒー屋さん

年末年始、岩手から車で千葉にある実家へ里帰りしました。

いつもは圏央道と東北道で岩手へ帰るのですが、今回は雪や事故渋滞をさけるため海側を走る常磐道を使い、コーヒーが飲みたくなり友部サービスエリアに寄りました。

こちらのサービスエリアにはスターバックスがあるため美味しいコーヒーがやっと飲めると思いきや、お正月休み中でもあるためか凄い行列…

仕方なく諦めてお土産コーナーを覗いてみると、こじんまりと「sazacoff」の看板を発見!

でも、フードコーナーらしきところを見てもみつけられず、よく探してみると焼き立てパンと一緒のお店で販売していました。

有名チェーン店は大行列なのに、こちらはお店が少しわかりづらいためか、すぐに買うことができました。

メニューの数はブレンド、徳川将軍コーヒー、カフェオレなど絞られますが、1杯ずつ丁寧にドリップしてくれます。

個人的には茨城ならではの「サザコーヒー」が飲めるのは嬉しいです。

「サザコーヒー」は茨城では有名なコーヒー屋さんで、スッキリしたコーヒーが印象的。やや苦味のきいた「徳川将軍コーヒー」は代表的なコーヒーです。

独自の農園やゲイシャという品種に惚れ込んだ2代目社長が東京駅前の「キッテ」の中でコーヒーサロンのようなお店を出店されたり、初代会長が東京駅とコラボしたコーヒーを出したりと、色々面白いことを勢力的に取り組まれています。

ここ何年かで東京の支店を増やし、スペシャリティコーヒーに力を入れているお店が、友部サービスエリアにエリアにあるとは今まできづかなかった!

多分スターバックスの行列がなければ、気づかないままで帰ったであろうコーヒー屋さん。

お正月休みの混雑が善いこともあるのですね。

今年も新豆が届きました。

いつも、楽しみにしているブラジルの新豆(初摘み)。

コーヒーの新豆は香りが大きな特徴で、初摘みならではの華やかな香りがします。

(モカの香りのようにはっきりとした独特な際立つ香りです)

味も煎りたての香ばしさとは違う、フレッシュ感が楽しめて、ニッチな?人だけが知るコーヒーかもしれません。

新豆はお米の新米と同じで1月過ぎてくると、いつもとかわらないブラジルコーヒーへと変化します。

そのため、12月中に味わえるのは貴重かつまれでもあり、12月に日本のコーヒーファンへ届けるのは実はかなり大変な(急ぎ作業)手続きを行いなわないと入荷できない逸品です。

コーヒーハンターと仕事をしているとき、ブラジルのカルモミナス州に住む農園のおじさんから「今年もとれたよー、まだ仕事してるの?日本は夜でしょ?」なんてスカイプで夜話していたことが、懐かしいです。

先週、コーヒークリスマス会を我が家で行い、コーヒー好きの友人達に飲んでもらいましたが、大好評でした。

私は鼻があまり良くなかったためなのか、届いたばかりなのか、焙煎したての香りしか感じられず、3,4日目にやっと新豆らしい香りを楽しむことができました。

味と香りが変わらないうちにと、ほぼ毎日飲んでいます。

そんなブラジルコーヒーは今年、7月におきた寒波と霜の被害も聞いていたため、入荷が遅れる?かと思っていましたが、だいたい8月くらいにはコーヒー豆の収穫が終わるため、今年はあまり影響はないとのこと。

しかし、来年以降は大きなダメージが予測されています。

コーヒーの価格はブラジルコーヒーが基準にもなっていることから、コーヒー豆の全体の価格が上がるということが明確で、私も個人的に色々とお世話になった、日本コーヒー大手UCCが9月から値上げをしたのを、ご存知の方も多いと思います。

そして来年度はこの新豆が飲めるかどうか…

ますます貴重です。。。

私が愛飲しているブラジルノーボ(新豆)はこちらのお店の珈琲豆です。

INTERZ

INTERZ(インターズ)
住所 〒024-0061岩手県北上市大通り4丁目4-1サンシャイン81-101
TEL/FAX 0197-65-1787
営業時間 11:00~19:00頃
定休日 火曜日・水曜日駐車場 

お店紹介でちょっと、かっこいい掲載を見つけたため興味のある方はこちらもご案内まで

【ギフトに最適】自家焙煎珈琲店INTERZ「アコヒーダ珈琲」3種のセット – 岩手県北上市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)