コメダ珈琲の魅力

先週、友人と久しぶりにコメダ珈琲で会いました。

まだ、11時前に入店したためモーニングサービスでレギュラーコーヒーに半トーストと卵が付いてきました。(こちらのサービスはゆで卵、卵ペースト、小倉あんの中から選べます。)

わかってはいても、やはり嬉しいサービスです♡

やまがたのパンドミーのトーストにバターがたっぷり塗られていて、久々に美味しかったです。

お茶をしながら会う予定でしたが、やはり食べちゃいますね。

そんなわけで、お昼近くになり「フィッシュフライバーガー」を注文。

アメリカンサイズのバンズに揚げたての白身魚のフライ+チェダーチーズが挟んでいて、ボリューム満点。

女性一人で食べるにはやや多いかも。。。モーニングサービスでトーストを食べていたため、こちらは半分にして二人で食べました。

私が注文したオリジナルブレンドは、どのパンメニューにも相性よく、程よい苦味は飲みやすいです。

いつも行くたびに「コメ黒」というブレンドを注文したいと思いつつ、レギュラーコーヒーをオーダー。

メニューの説明書きを読むとブレンドの豆や配合比率、使用する豆の量などが違うようで、「コーヒーの味をしっかりと味わうのにいいな。」と思いながらも、ボリュームあるパンメニューにはやはり、飲みやすいオリジナルブレンドを注文してしまいます^^;

今や全国にあるコメダ珈琲は、コーヒーの流通システムも独特なのですが、どこで飲んでも変わらない味、美味しさ+手頃な価格はとても魅力であり、人気が耐えないのも納得です。

喫茶文化がもとになり、カフェとは違う魅力が「コメダ珈琲」には詰まっていることを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください