100年もの

いつもこの時期になると私が育てているコーヒーの木の花の開花をブログやインスタでアップしているのですが、今年はいつもとちがうコーヒーの木の姿になりました。

今年で10年目のコナ・コーヒーの木ですが、ここ2,3年実りよく、木が疲れた様子。

元気がなくなり葉が少なくなったことなどから、カットバックという方法で復活をしてみました。

太い木を短く切るため、中々芽がでてこない日々。

カットバックは失敗して枯れてしまう?のかと、諦めかけていた6月後半から芽吹いてくれました。

空へ向かい力強く芽吹いている姿になんだか励まされます。

コーヒーの木は100年寿命と言われ、生命力ある植物です。

以前エチオピアで100年以上前の木からとれたコーヒー豆を販売したことがありました。

コーヒーの木は強いと改めて実感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください