今年のクリスマスブレンド

東北岩手はすでに冬の寒さ。

家でミルクに合うコーヒーが飲みたくなり、最近盛岡にできたばかりのドライブスルーがあるスターバックスへ行くことにしました。

購入前からグァテマラかケニアにしようかと決めていましたが、久しぶりにスターバックスで豆を買うため、お店のスタッフにおすすめ豆を尋ねると、季節限定ブレンドをすすめられました。

クリスマスブレンドとホリデーブレンドの2種類。

今までのクリスマスブレンドは深入りで酸味が強いブレンドの印象がありましたが、今年は、コスタリカ、パナマを中心に軽めの配合とのこと。

もうひとつのホリデーブレンドは確かグァテマラなどが配合されたブレンドと説明を受けました。

「ホリデーブレンド、テイスティングをしてみますか?」と言われるままにコーヒーをすすると香ばしい独特な香りとマイルドで、飲みやすいコク。

昔、好きでよく購入していた紀伊国屋のジャーマンブレンドに似た味を思い出しました。

懐かしいこともあり、ホリデーブレンドに決定。

そして、ケニア20gをサンプルでいただきました。

家に帰り早速、ホリデーブレンドに続きケニアも飲みましたが、どちらもマイルドローストよりやや深入り程度。

スターバックスブームのころ、どのコーヒー豆も深入りで店頭に並び、のちにブームが収まるころ、焙煎が見直され、当初のころからはだいぶ変化をしていると思いました。

豆の仕入れは当初のころからスペシャリティーコーヒーで、いい豆を使用するスタイルは今も変わらず。

「いい豆を使っているのに、全てがイタリアンロースト級の超深入りばかりでもったいない」と、同業者から言われていたのがうそのようです。

コーヒー豆の特徴をうまく引き出したローストで並ぶスターバックコーヒーへ変わり、日本のうちカフェブームにも参戦という感じです。

今の時期、どこのコーヒー屋さんもクリスマスブレンドを出しそれぞれ美味しさを味わえますが、コーヒー好きは

スターバックも要チェックです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください