珈琲相談窓口

コーヒーに関する疑問なんでも気軽にお問い合わせください。

<珈琲相談Q&A一覧>

Q. 岩手県でレバニーズ・コーヒー(レバノンのコーヒー)が飲める店はありますか?

みんみん様より

A. ご質問いただき有難うございます。

岩手県内には、趣のある珈琲屋さんが数多く存在しますが、私の知る限り「レバニーズ・コーヒー」を飲むことが出来るお店は無いようです。

レバノンのコーヒーは細かい粉で煮出し、スパイスなどが入るものかと思われますが、インドネシアコーヒーとエチオピアの現地で飲んでいるコーヒーが一緒になった感じでしょうか。

中東の地域でよく飲まれているイブリックコーヒーやギシルコーヒーと似た部類のコーヒーになるようですが、残念ながら「レバニーズ・コーヒー」は私自身飲んだことがありません。

飲める場所の確率からいくと、日本では珈琲専門店よりも中東系の料理専門店のほうが高いようです。

東京方面(新宿や馬喰町)のレバノン料理店などでしたら飲めるところもあるようです。

Q. おせち料理に合う珈琲を探しています。なにかおすすめの豆はありますか。

珈琲ファン様より

A. ご質問いただき有難うございます。

「おせち」に合う珈琲ですが、スタンダードなおせち料理(伝統的な)内容として考えてみました。

一般的なおせち料理ですと全体的に味が濃い系のお料理が中心になりますので、サッパリとしたクセのない珈琲を選んでみました。

コスタリカ、キューバ、メキシコ、ペルー、ボリビア、中国はどれもサラリとしていて、珈琲が苦手な方でも比較的飲みやすいタイプです。

そして、珈琲は脂っこい後味などをサッパリさせてくれます。

さらに、珈琲の含まれるカフェインとタンニンが肝臓に作用して利尿効果を促進したり、胃液分泌を促進し、消化を助け、二日酔いの頭痛に効果があるともいわれているため、お正月料理を食べすぎた時、食後の飲み物としてもおすすめです。

*薬理作用とした効果で発表されていることで、実際の効き目は個人差がありますので、ご了承ください。

いずれにしても、食べすぎ飲みすぎには気をつけて、美味しいお正月を楽しんでください。

Q. 珈琲豆の種類によって、ネルに向かない豆とかペーパーに向かない豆とか有るのでしょうか?

カプチーノ乗り様より

A. ネルやペーパーに向く豆は、味の好みになります。

ご存知かもしれませんが、ネルで抽出すると味が全体的にスッキリした珈琲に仕上がり、ペーパーは珈琲豆が持っている味が全て出やすい特徴をそれぞれ持っています。

そのため、ダイレクトに珈琲豆の味を味わいたいときの珈琲豆をペーパーで抽出し、キレのよい味や軽く飲みたいときはネルで使い分けてみるといいと思います

あくまでも、好みなのですが例えば、マンデリンをネルで淹れるとやや、苦味が控えめな味になり、ペーパーで淹れるとマンデリン特有の苦味が楽しめます。

ご自身のお好みで使い分けてみて違いを楽しんでみてください。

Q. 珈琲は毎日飲むわけではないのですが
あの炒りたての豆の香りがたまらなく好きで
時々100~200gずつ購入しています。

毎日飲めばあっという間に
終わってしまう豆の量なのですが
週末にのんびり楽しむ程度なので
豆の鮮度を保つよい方法があれば教えて下さい。

珈琲ファン様より

A. 煎りたての珈琲は特有の香ばしいい香りですね。
私も大好きです。

豆の鮮度を保つ条件で守ってもらいたいのが、湿気ないようにすることです。日本茶の保存同様に湿度は大敵です。涼しいところで密閉容器(缶やビンなど)に入れて保存してください。

よく鮮度を保つ保存法で冷蔵庫、冷凍庫での保存もありますが冷蔵庫内のいやな臭が珈琲豆に移ってしまうことがあるため、おすすめできません。

煎りたての珈琲は出来るだけ新鮮な、美味しいうちに飲みきってしまうことが一番ですが、飲みきれない場合は湿気ないように保存して1~2週間を目安に召し上がってみてください。

<珈琲相談Q&Aフォーム>

ご投稿いただきました質問は、zacafeより回答と一緒に掲載させて頂きます。
なお、既に掲載されている質問と同類と思われる質問や、コーヒーQ&Aに相応しくない内容は掲載致しかねますのでご了承願います。