されどインスタントコーヒー

先日、10年以上ぶりにインスタントコーヒーを購入しました。

「美味しい」

しばらく飲む機会なく、原料や製法など工業生産コーヒーとして大手担当者との関わりから、なんとなく避けてきたインスタントコーヒーは凄い味の進化をしていて、びっくり。

年末に実家帰省したときに置かれていたインスタントコーヒーを見て、「なるべくドリップパックコーヒーを飲むようにして」とコーヒー好きな母へ話していたくらい「ちょっとな。」とインスタントコーヒーを避けていました。

スキー場の車中で飲む用に間に合わせで購入したものは

AGFの「ちょっと贅沢な珈琲店」。4種類のブレンドコーヒーが入っています。

モカ以外はそれぞれ種類ごとのコーヒーの特徴が出ているように感じました。

(モカも美味しかったのですがモカ独特の香り、酸味は弱く、モカらしさがあまり感じない?かな。と思いました。)

インスタントコーヒーは独特な製法なため、特殊なコーヒー豆を加えることで「コーヒーらしさ」が味わうことができます。

そのため、あえてブレンドにし、よりコーヒーの味わいを引き立てたインスタントコーヒーでした。

手軽に味わうコーヒーで「インスタントコーヒーもありだな。」と思わせてくれるコーヒーはスキー後のコーヒータイムで温まることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください