幻のコーヒー

UCCが「幻のコーヒー」と呼ばれるコーヒー豆を発売しました。

インド洋にあるレユニオン島で採れる希少な豆です。

開発に携わる話を聞いた私にとって、馴染みのあるコーヒーです。

現地に何度も足を運び、島民との交流からはじめ、フランス政府と組み、

再生プロジェクトとして動きだしたと聞いたのは、今から7年前のことです。

「もし、失敗したら退職しなきゃ」と帰国後、笑いながら話していた

コーヒーハンター川島さん。(現在はミカフェートのオーナー)

ほぼ絶滅していたコーヒーの木を、島民の協力とともに探し歩き、栽培、

農園開発までこぎつけ、1942年以来途絶えていたコーヒーの復活に、

島をあげて喜んでいたそうです。

その時はまだコーヒーの木を植えた段階で、商品として販売できるかは

分からず、10年後商品化できるかどうか、現実には遠い話でした。

しかし、そのコーヒー「ブルボンポワントゥ」が数量限定で購入できまでに

なりました。

興味のある方はこちらから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください