青山の珈琲屋

もう1ヶ月以上前になりますが、東京青山にある「大坊珈琲」が

今年の12月になくなると知りました。

コーヒー好きの人なら一度はどこかで聞いたことがある

有名な珈琲屋さんです。

入居しているビルが立て壊しになるため閉店するそうです。

そのくらい、古いビルです。

だから、都会のど真ん中にあるのに趣がある独特なたたずまい。

珈琲以外のメニューで唯一ある「たけさんのチーズケーキ」と

「やまぶどうジュース」。

厚い板張りの年季が入ったカウンター頭上には沢山の本が並び、

一番端にある「岩手盛岡」の本。

いつも気になりながらも読まず、抹茶茶碗のような器で出される

丸い氷の入ったアイスカフェラテを飲むのが定番でした。

岩手に来て、「東京で好きな珈琲屋さんは?」と聞かれると必ず

「大坊珈琲」

と答えていました。

いつか、自分の息子が大きくなったら連れて行こうと

コーヒー好きのだんな様とも話したことがあります。

たくさんある東京のお店のなかで、そう思えるお店はなかなかないかな。 

いつの日か大きくなる前に閉店してしまう「大坊珈琲」の店主は

岩手県出身でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください